体の土台ともいわれる距骨

体の土台ともいわれる距骨。
脛の下にある小さな骨のことですが、あまり有名でもないですよね。
距骨が傾くと足や腰の痛みの原因になってしまう大事な骨です。
めまい、頭痛、むくみの原因にもなり、全身のあらゆる不調をまねく恐れがあります。
動作のときに視点になって全体重を支えている骨なので、滑らかに歩けるのは距骨のおかげです。
負担がかかるのでその分傾きやすくなってしまいます。
あるべき位置をキープできずに傾くということです。
その傾きをカバーしようと、骨盤などがバランスを盗ろうとして全体の筋肉に負荷をかけて痛みやコリにつながります。
けっこう長く生きていますけど、体の仕組みって知らないものですね。
歳を取ったら体のケアも必要です。

コメントは受け付けていません。