実写化とは無縁でいて欲しい

あいかわらず原作ありの漫画やら小説やらを実写化をするのは、原作が好きな人には酷なことですよね。
とくに小説はビジュアル面など、読者1人1人が違うでしょうから。
自分のイメージにあてはまる、年齢的にも見た目的にも問題がない人なんてめったにいませんよ。
ドンピシャだったとしても、全世界の人がそう思うわけがない。
実写化は映像ではじめて触れる人用のものだと思います。
必ず批判はあるのだから、最初からこの作品のオマージュであり別物ですと宣言してくれればいいんですよ。
そうすれば原作ファンの批判は、「別物ですから。異次元ですから」でいいと思います。
割り切ればこそうまれる新しい感想もあるでしょうからね。
自分の好きなものは実写化とは無縁でいて欲しいな。