ゲリラ豪富と低体温症

低体温症とは体が冷えて体温が下がってしまう症状のことをいいます。
真夏の都心で低体温症になった人が緊急搬送されたことがありました。
その理由はなんでしょうか?
体温が35度以下になってしまうと体の機能が低下してしまうのです。
そして体温が32度になると錯乱状態になり判断力が低下して死にいたることもある。
低体温症の人がたくさん出てしまったときの状況は、最大で1時間あたり50mの風と雨が降っていました。
これを浴びてしまうといっきに体温が減り低体温症になります。
たったから3分雨と風を受けただけで35度になることが実験でわかります。
突然の雨のときに逃げ込んだ先がエアコンが効いていると体温を奪われることがあります。