梅雨時に起こる関節痛

雨が降ると体のどこかしらが痛いことありませんか?
それは低気圧が問題です。
低気圧が接近すると身の回りまで気圧が下がると、耳が痛くなることがありますよね。
鼓膜の奥にある内耳が、気圧の変化を特に感じる。
飛行機や高層ビルのエレベーターでキーンとなるのも内耳の中にある気圧センサーが感じたのです。
交感神経が緊張すると痛みがもともととある人には、普段よりも痛みを過敏に感じてしまう。
その他にも人は常に圧力がかかっているし、体の中から外への圧力もかかっています。
外は気圧が低くなっても人の中の気圧はまだかわらない。
そうすると体の中が圧迫されてしまうわけですね。
神経が圧迫されそうやって刺激されて痛くなる場合もあります。