血流が悪化する狭心症

十分な血液がいきわたらないので一時的に血管が狭くなります。
一定条件で発作がおき、一か月以上この症状が起こる場合はプラークが硬く心筋梗塞のリスクが低い。
それとはぎゃくにやわらかく成長しているので破裂する可能性が高い。
不安定な狭心症は胸の痛みがよくあるものですが、人によって症状は違い千差万別です。
胸痛がしばらく我慢していたが我慢できなくなってきたり、もともと肩こりなんてなかったの肩がこるなど。
健康骨の中にしこりがあるような感じが以前からあったが、突然のひどい肩こりがおきるなど。
朝起きるときに背中が重苦しいし、毎日じゃなくてときどき、痛くなっていた人もいます。
そんな日々が一か月続いたとき、急に心臓が痛くなった。
胃痛や吐き気、アゴや歯が痛くなることも前兆のときがあります。