素敵な女性

阿川佐和子さんって素敵な女性だなぁと思います。
ユーモアもあるし、綺麗だし、胸のボリュームもあるから男性にモテそうなのに独身なんですよね。
でも結婚を考えるお相手がいるんだそうです。
63歳で初婚って凄いですよね。
お相手は元大学教授って、単純に知的なカップルという感じがしてお似合いな気がします。
可愛らしい奥さんにもなりそうだし、楽しいパートナーになりそうです。
もちろんテレビで見るような一部しか知ることは出来ませんけど、良いイメージしかありません。
そして同性ながらもなかなかのナイスバディだなと拝見していましたよ。
ただ、インタビュー本についてはあまりひかれませんでした。
まあ、私は小説が好きな方なのでそれはおいておきます。

簡単な仕事なんてない

荷受け代行、荷物転送の簡単な仕事って聞いて、普通に受け入れますか?
荷物が自宅に届くのでそれを転送するというバイトです。
これだけで一回数千円ももらえる。
いやいやいや、これを聞いてまともなバイトだと思う人っているんですかね。
だってあきらかにおかしいじゃないですか。
友人に頼まれてするのならともかく、全く知らない人からの依頼ですよ。
すぐに犯罪の手助けをしているんじゃないかって不安になりますよ。
自分の住所や本名を人に教えるのもリスクになりますよね。
とかいいながらオークションはやっていますけど。
一応は大手サイトを使っているし、こちらも気を付けているので大丈夫かな思っています。
転送だけで数千円なんて仕事があるのなら苦労しないですよ。

押さえた結果

カップラーメンのライトなるものをご存知ですか。
あのカップラーメンを懐中電灯に出来るライトが付いている!
ではなくて、軽いという意味のライトです。
スープまで飲み切っても200カロリーしかないというやつです。
こないだはじめてそれを食べたんです。
カップラーメンを食べることは一年に3回くらいですかね。
ほとんど食べていないくらいですがたまに食べたくなります。
だから普通のカップラーメンがどんな美味しさだったか覚えていません。(笑)
それでも比べるとしたら、ライトの方は食べ応えがないってことでしょうかね。
同じ会社の普通のシーフードを前に食べたときの方が美味しい気がします。
カロリーを抑えたのだから何かしら違うでしょうね。

塩分計を使います

とある地域ではお宅に突撃訪問して、お味噌汁の塩分を測って高かったら注意を促すことをしているそうです。
2、3回くらいテレビで見ましたね。
あれって便利そうだなと思っていたら、父親が購入してきました。
塩分計ってピンキリあって、千円から一万円以上もあるんですね。
タニタの6000円するものをチョイスしたようです。
安いものだと計測するのに時間がかかったり、計測するものの温度に制限があるんだとか。
最近、どうもお味噌汁が濃くてしょっぱいなと思っていました。
自分で作っておきながらなんですけど。(笑)
でも夏は美味しいって感じません?
私のつくる味噌汁があまりにも不評だったから購入したんですかね。
まだ使っていませんけど、どうせなら活用したいと思います。

灰汁をとる必要があるのか

たまに料理の話しを薬剤師同士でするのですが、その中でも1人が
「めんどうだから灰汁は取らない」と言っていました。
「灰汁にはミネラルがあるからとらない方がいいって聞いたような気がする」って。
取るのが当たり前だと思っていましたが、自分の普通が他人の常識とは限りませんものね。
そこでネットで調べてみたら、全く同じものを食べ比べるとやはり灰汁をとった料理の方が美味しいってなるらしいです。
ただし、二つを食べ比べないとわからないレベルなんだとか。
私は味オンチな方だと思うけど、ちょっとでも美味しくなるのであれば、やはり灰汁はとった方がいいかなぁ。
カレーなんてルーを入れるから灰汁なんて関係ないような気がするけど、そちらも違いがあるようですしね。

顔がむくみやすい人種

日本人は外国人に比べて顔がむくみやすいそうですよ。
手や足ではなく顔だけがむくみやすいってビックリですね。
日本語を話していても顔の表情が動かないのが問題なんだとか。
不要な水分や老廃物がたまってしまうことでむくみにつながってしまいます。
顔の筋肉を動かしてたまってしまった血流を流す必要がある。
私たちの表情筋は20%くらいしか動いていないそうです。
世界の主な言語の中で最低レベルって、せっかく日本語は漢字ひらがなカタカナとあって難しい言語が母国なのに残念ですね。
唇とか舌を動かさなくても意味合いが通じてしまうのも日本語が悪いわけではないのに!(笑)
外国語には下や唇を使うことが多いんですって。
だから発音とか難しいんですよね。

国民が不憫ですね

あの国の映像はなんであんなに古めかしいんですかね。
日本で言えば昭和初期みたいな映像みたいに感じます。
昭和初期には生まれていませんけど、なんとなくイメージです。
パレードというやつは、もうおじいちゃんレベルの人達が両手をあげて無理して元気にふるまっていて痛々しいです。
あの国の男性用ヘアスタイルブックなるものも違う日に見ましたよ。
共通点は刈り上げです。
刈り上げって今時の小学生男児すらしないですよね。
最高司令官?のあの人の影響だろうから納得しました。(笑)
“覇気スタイル”って名前も吹き出してしまうほどカッコ悪い。
ほとんど同じようにしか見えないし、物凄く昔の髪形にしか見えない。
流行ではなく強制でしょうね。

パン教室の風景

パン教室の風景をテレビでみて、うわって思いました。
女性が机でパンをこねているんです。
その姿は髪の毛をまとめるわけでもなく・・・。
こねるときに、机にゴシゴシとしていてそのときに上から髪の毛をふりふりしているんですよ。
髪の毛が入らないにしても衛生的に見ていて楽しいものではありません。
ちゃんと髪の毛をまとめるくらいはして欲しいですよ。
料理をするのであればそれだけじゃなくてバンダナとだって必要です。
撮影のためにそうしていたのかと思ったけど、どうやらそんなことは気にする集団ではないようです。
料理をする人が不潔ではない手や服装で行っているか分からないんですよね。
そんなことを言っていたら何も食べられないけれど気にする人も

良いと言われるもの全てを試すことなんてできない

ここ一年くらいは毎朝ヨーグルトを食べています。
これはヨーグルトを食べるのが健康に良いからではなく、グラノーラにはまってしまった結果です。
ヨーグルトを食べるのにベストなのは夜なんですよね。
夜に食べた方が効くと聞いて残念ですけど、私は朝食べる習慣をかえるつもりはありません。
あくまで美味しいから、好きだから、食べたいと思うからの習慣だからですよ。
これがいいあれがいいって情報がたくさんあふれかえっている世の中です。
それで助かっている部分だってありますけど、弊害もありますよね。
以前、職場で誰かが「良いと言われるもの全てを試すことなんてできない」って言っていたんですけどその通りだと思います。
まあ、ちょっとは情報につられてしまうこともありますけどね。(笑)

ぐうたらな生活

今日から5日間、1人暮らしです。
1人暮らしになるとやっぱりぐうたらな生活になりますね。
まずは食生活。
料理を作って食べてくれる人がいないとつくる気力もわきません。
どうしてもかんたんなものになってしまいますね。
これが何週間とか一ヶ月とか長いのであれば、つくりおきとかいろいろしますよ。
でも5日間って中途半端ですよ。
なんて、言い訳がましいですね。
食べたものもすぐ合わらずに流しに置きっぱなしです。
人の目がないとだらけてしまうものですね。
明日はきちんと人に見せても恥ずかしくない生活をしようと思います。
その翌日には仕事がありますから家をあけることにあります。
疲れて帰ってきていろいろやるのは大変なのでそれを見越してがんばります。